いすゞ自動車の藤沢工場での期間工、給料は月30万円位、3ヶ月ごとにボーナスもあり

「期間工で働いたみんなの体験談」「期間工で働いたみんなの体験談」コーナーは、これまで期間工(期間従業員)として、トヨタや日産、ホンダなどのボディメーカー、アイシンやデンソーなどの部品メーカーで働いていた人に、「働くことになったきっかけと理由」「仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について」「工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について」「最後に、実際に期間工として働いた感想」などの体験談、評判、クチコミをまとめましたを答えてもらいました。期間工として働く前にぜひご覧下さい。

いすゞ自動車の藤沢工場での期間工体験~給料は月30万円位、3ヶ月ごとにボーナスもありました


期間工として働くことになったきっかけ、その会社に決めた理由

私は、神奈川県の湘南台という駅の近くに寮がある、いすゞ自動車の藤沢工場(神奈川県藤沢市)で期間工として働きました。

ちょうど、GMの新型車を製造開始するところでの採用だったので非常に面白い場面に出くわしたと思っています。当時、私は、32歳位で、精神的に落ち込んでいて、病院に通っていた病気療養中の身でした。徐々に回復している状態でしたが、家にいるのも良くないかも知れないという思いと、ちょうど友達が誘いに来てくれたので、期間工として働いて見るのも良いかも知れないと思いもあり、大丈夫なのか?という不安もありました。

ただ、友達と一緒に働くので大丈夫だろうと思い決断しまいた。でも、行って見るとかなり不安で、最初は中々馴染めませんでした。毎日仕事をこなして行く内に段々と精神的にも体力的にも自信が付いて来たのか、精神がかなり安定するようになりました。結果的に来て良かったと思えるようになるまで回復していました。この経験は色んな意味で貴重な体験になりました。当時は、まだバブル経済の末期の高度経済成長期でしたので、お金が短期間でたくさん稼げるかも知れないという思いもありました。


仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について

当時、いすゞ自動車はGMと業務提携しておりましたので、実際に行って見て、このGMの車は何という車なのか?まったく分かりませんでした。見たこともない車を製造するのは結構面白かったです。
私は、ダッシュボードの初期工程で、最初の溶接部分を担当していました。ラインの最初の部分で、半分はライン作業ではなく、別の所で大体溶接を済ませて、その後にラインに乗せる作業をしておりました。非常に面白い工程だったかも知れませんが、こういう工程は初めての経験でした。ラインそのものでもなかったので、自分のやり方である程度計算して仕事を進める事が出来て、ラインのスピード状況に合わせながら仕事を進めていました。こういう工程は、そう経験出来るものではないと思います。これから、経験される方々には貴重な体験なのかも知れないですが、特殊な事例に出くわしたのかも知れないです。

勤務体制は、二交代制で、昼勤と夜勤を一週間ずつ交代で行う勤務でした。寮は、一部屋にベットが上下4つ有って3人が入って生活していました。確か、寮費は無料だったような気がします。食事も寮で取れて、給料も月30万円位はありました、手当も貰えて、満期まで勤め上げればボーナスも支給されることになっていました。私は都合で4か月しか働きませんでしたが、働くのには、体さえ丈夫で体力がそれなりに有ったら大変お金になる仕事だと思います。 


工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について

工場自体は、規律正しく朝礼などがあり、安全対策も万全でした。常に安全第一が目標で、従業員を守ってくれる器具も配られていました。ですから、作業ミスでケガをすることなどまったく有りませんでした。その点は感謝できるほどです。工場の環境は非常に良かったです。社員の人達の指導も徹底していて丁寧に指導して頂きました。

仕事は溶接が主な仕事でしたので、最初は火花が散ってびっくりすることもありましたが、防御メガネを常に着用していないと怒られますので、その点は問題なくこなせました。安全手袋も鉄板を扱いますので大きく厚い皮の手袋を使用していて安心でした。また、この工場には沖縄の人が多くて、沖縄の人と沖縄の問題や沖縄の話をする機会が多かったです。沖縄の人と知り合いになりました。食堂も非常に良くて食事も問題はありませんでした。 


実際に期間工として働いた感想

働いて見て、仕事はキツかったですが、遣り甲斐もあり、その分、給料として跳ね返って来るのを実感した次第です。頑張れば頑張るほど給料に跳ね返って来ます。

私が働いていたいすゞ自動車はトラックが有名ですが、私の現場は、GMの車を作る立ち上げの現場でして、非常に興味深い現場に立ち会えたと思っています。こういう現場には中々立ち会えないかも知れませんが立ち上げの開始からスムーズにラインが動いて行くまでかなりの日数が掛かりました。その分、少しづつ作業を始めながら徐々に作業量が増えて行き、尚且つ正確さや、丁寧な作業が要求されました。その意味では、非常に貴重な体験だったと思います。

この期間工という仕事は、真面目に働かなければ現場での信頼も作れません。無断で休んだり、長期に休んだりすると現場での人間関係が悪化したりします。なるべく仕事は休まないことに越したことはありませんが、休む時は事前の連絡など常識的な対応が必要であることは言うまでもありません。ただ決まった作業の連続ですので忍耐と体力が必要です。

( 男性 62歳 佐賀県)

「期間工グッド編集部より」

いすゞといえばトラックです。以前はジェミニなど一般向けの車も作っていたのですが、GMとの提携解消後、トラックメーカーとして現在の地位を築き上げています。

勤務場所は、栃木工場と神奈川県の藤沢工場の2箇所。(配属は会社にて決定)仕事内容は、トラック・エンジン・トランスミッションの組み立て加工ラインでの作業で経験や技術は必要ありません。未経験者ももちろんOKです。

月収の参考数値は、21日勤務の場合で306,895円(残業25H、休出2日、夜勤10回の例)。そのほか3ヶ月ごとに満期慰労金として210,000円がもらえます。ワンルーム寮完備で寮費、水道光熱費は無料と条件良しです。

日本を代表するトラックメーカーの生産に携わりたい人はおすすめです。いすゞ自動車の求人募集要項ページはこちらからどうぞ。 まずは実際に面接に行ってみて、それからご自身でYESかNOを判断すれば良いと思います。行動あるのみです。

関連記事

  1. 期間工として働く

勤務先工場の情報