期間工面接で「不採用(不合格)」になりたくない人は必見!対策をして「採用(合格)」しよう!

期間工の面接で不採用(不合格)になりたくない!

期間工の面接で不採用(不合格)になりたくない!
世の中に「不採用になっても全然落ち込まない」という人はあまりいないはず。誰だって出来れば1発目の期間工応募で「採用(合格)」したいと思うはずで、1回ならともかく不採用が続いてくると、精神面がどんどんネガティブになってきて、良いものも悪く見えてくるのが人間というものです。

特に悲しいのが「ちゃんと準備しておけば受かったのに、準備無しのノーガード戦法で行ったために、不採用になった」場合です。(そうならないようにしましょう)

期間工グッドは、グループサイトの転職情報サイト「転職グッド」の運営を通して、多くのユーザーにアンケートをおこない、採用に関するさまざまな傾向をデータベース化しています。
ここでは採用になるためのポイント、不採用にならないためのポイントをご説明したいと思います。事前に危なそうな問題はクリアにした上で「採用(合格)」を目指しましょう。

必要最低限の「応募資格」

比較的、採用されやすいと言われている期間工(期間工従業員)ですが、それでも、どの会社にも必要最低限の「応募資格」があります。当然のことながら、最低限これがクリアされていないと採用にはなりません。
まずは各社の公式サイトから応募資格をピックアップしてみました。

メーカー 公式の応募資格
トヨタ 3ヶ月勤務可能な満18歳以上の方
日産 3ヶ月勤務可能な18歳以上の方
ホンダ 18歳以上
交替制勤務可能な方(体力・健康状態含む)
3ヶ月以上勤務可能な方(最長3年間の勤務実績あり)
マツダ 満18歳以上 ※高校生不可 ※未成年は家族の同意が必要
スバル 特に明記無し
日野自動車 満18才以上の方(労基法61・62条による)、学歴不問、未経験者可
スズキ 満18歳以上の方 交替勤務ができる方、3ヵ月以上勤務ができる方(週毎に勤務シフトが入れ替わります(1勤⇔2勤))
いすゞ 18歳以上(高校生不可)
ダイハツ 8か月勤務可能な方・18歳以上の方で交替勤務ができる方・未経験歓迎
豊田自動織機 6ヶ月以上勤務可能な満18歳以上の方

ご覧の通り、何ヶ月以上勤務要に違いはあるものの、どの会社も基本的には「18歳以上」であれば、応募は可能になっています。
つまり、期間工とは、特別なスキルや経験、資格がない人でもOK、無職、フリーター、ニートでも不問で、日本を代表する大手企業で働くことが出来る仕事なのです。(しかも事務職や専門職よりも遙かに高給取りです)

期間工で採用される基本的な考え方

上記のように期間工は「18歳以上」であれば応募は可能、未経験でも大歓迎なところがほとんどなので、間口(まぐち)が広く、いわば誰でも応募することが出来るようになっています。
「それなら、誰でも受かるのか?採用になるのか?」といえば、そうではありません。 強く意識しておく必要があるのは、どの会社も日本トップクラスの大企業で、株式上場しているところばかりだということです。

入社することができれば、雇用期間を除けば、大手企業と同じ雇用条件で働くことができます。(健康保険すら入っていない中小企業、零細企業が多いこの世の中において) 期間工は当然のことながら、どの会社も「健康保険」「雇用保険」「労災保険」「厚生年金保険」「介護保険(40歳以上加入)」はすべて完備しています。就業中または通勤途中に事故にあったり、失業保険受給のための手続きであったり、病気になった時の健康保険などの補償が完璧に整っています。とにかく安心なのです。
また正社員と同様に自社の保養施設や社員クラブ・グラウンド・テニスコートなどの社内施設、および全国特約の宿泊・体育施設などの利用もできます。工場では食事が無料のところも多いですし、住まい(寮)も無料のところがほとんどです。つまり世の中の中小企業、零細企業と比べて、圧倒的に恵まれた待遇を受けることが出来るのです。

ということは、裏を返せば、誰でも応募は出来るけれど、企業各社の採用方針にそぐわない場合、それなりに落ちる人もいるということなのです。

では、採用されにくい人(不合格の可能性がある人)とはどのような人なのでしょうか。見て行きましょう。

採用されにくい人(不合格の可能性がある人)

ここでは採用されにくい人としてピックアップしていますが、「採用されない」「誰しもそうだ」という訳ではありません。その時の人手不足の状況によっては問題無く受かることもありますし、採用担当者も人それぞれなので運不運もあります。あくまでも「そういう傾向にある」程度に理解しておきましょう。

  • 年齢が40歳以上

    期間工の仕事は「18歳以上の健康な人」であれば誰でも応募できます。それは自動車製造に関する比較的簡単な部分を担うからですが、ということは体力を使うこと、単調作業で神経を使うことが多くなります。各社とも労基法の年齢差別になりますので公にしませんが、やはり年齢が40歳以上の人は20代30代に比べて、面接で不利になることが多いです。(20代の方が体力気力がありますので、採用側に立って考えれば、それはしょうがないことですね・・・)
    とはいっても、さほど年齢を気にせず、40代50代の期間工が多くいる会社も多数あります。つまり会社によって「40代50代はほとんど採用しない会社」もあれば、「人物次第でさほど年齢は気にしない会社」もあるということです。
    この辺りは、応募者の私たちにはわかりにくいです。周囲に期間工の経験者がいれば工場従業員の雰囲気を聞くとか、人材紹介会社に「私の年齢だとどの会社が受かりそうですか?」と率直に聞くのが良いと思います。


  • 健康状態が悪い人

    期間工は上記の通り、体力を使うことが多い仕事なので、健康状態が悪い人は採用されにくい傾向にあります。といっても風邪を引きやすい、扁桃腺が弱いなどは大した問題ではありませんが、選考面接後の健康診断で「血圧が(企業基準より)高い」「採血の結果●●が見つかった」「握力が著しく弱い」「肥満指数(BMI)が高い(太りすぎ)」などの場合は、一転、不採用になることもあります。
    とはいっても、各社とも明確な数値基準を公開している訳ではありませんので、医師から重い病名が付いている人以外は、まずはエントリーをしてみるべきだと思います。


  • 転職回数が多すぎる人

    転職回数が多すぎる人も要注意です。(これは期間工のみならず、一般的な企業の場合でもそうです)上記の基本的な応募資格のところで「3ヵ月以上勤務ができる方」「8ヵ月以上勤務ができる方」などが載っているように、採用企業側としては、お金をかけて採用活動をおこなって、研修をして、寮を準備している以上、入社後すぐに辞められてしまっては、たまったものでは無いわけです。
    転職回数が多すぎるとはそういうリスクが高いと見なされます。
    「では、何回までならいいのか?」 は、残念ながら明確な答えはありません。転職回数が多い明確な理由がある場合は大丈夫でしょうし、面接官があなたと面談をする中で、感じ取る雰囲気によっても違うと思います。少なくとも職歴が10社以上ある人は、面接で理由を尋ねられた時に、明確にすらすらと答えられる準備が必要です。


  • 借金がある人

    多額の借金がある人も不採用になります。借金といっても、住宅ローンや車のローンなどのことではなく、消費者金融やカードローンによる目的無しの借り入れのことです。
    理由はご存じの通り、返済できなくなった時にトラブルや事件が起こる可能性が高いからです。
    ただ個人個人の借り入れ状況は、金融機関の専門部署以外の人間以外が知ることはできませんので、あなたがいまどこかの消費者金融から借金をしていても、採用担当者は把握はできません。(督促の電話が職場にかかってきたら、もちろんアウトです)


  • 入れ墨がある人

    入れ墨がある人は採用されません。(企業の中にはおおらかな会社もあるようですが、基本的には難しいと思った方がいいでしょう。また隠していても、健康診断時に調べられますので、不可能です。)
    世界のたとえばサッカー選手を見ると、ファッションとして入れ墨を入れている人も多数いますが、日本では「温泉に入れ墨はOKか?」が問題になるように、反社会的勢力との関わりが懸念されるため、嫌がられることが多いです。
    特に入社しようとしている会社はいずれも日本を代表する上場企業ばかりです。そのような会社が反社会的勢力との関わりの可能性がある入れ墨に寛容な訳がありません。
    もし入れ墨のある方は、期間工で働くのは無く、地元の入れ墨に対しておおらかな社長のいる中小企業に勤めた方がいいと思います。


  • 協調性が無さそうな人

    これは入れ墨や借金と違って、明確なものがないため、何をもって協調性が無いというのか、難しいところなのですが、期間工の仕事は配属部門の中で、チームや班を組み、車の製造や、勤務時間交代を進めていきます。
    また工場長を筆頭に部長、課長、部門長などの指示系統によって、ものごとが進められていきます。
    そのような中で、自分一人で仕事をしているような考えの人がいると、組織やチームに乱れが生じて、結果的に生産の遅れに繋がってしまうため、協調性の無さそうな人は不採用になるのです。たとえば勝手に休む、勝手に職場を離れる、休憩時間が終わっても戻ってこない、上司に報告をしない、指示を守らないなどです。

    またそのような人は仮に入社したとしても、1回目の満期を終えた時点で更新無しになる可能性大です。このあたりが、自宅で一人で何かを作って納品するような仕事とは違う点です。
    もしあなたが「自分はなんとなく協調性が無いな」と思っているようでしたら、面接時には「チームや班のことを第一に考えて行動する」「何かあったらすぐに上司に報告する」「悪いことはなるべく早く相談する」「同僚のことを思いやる」ことを盛り込んだ、受け答えをするようにしてください。


以上、受かりにくい人の特徴として、「年齢が40歳以上」「健康状態が悪い人」「転職回数が多すぎる人」「借金がある人」「入れ墨がある人」「協調性が無さそうな人」を挙げてみました。
先ほど申し上げたように、これらはあくまでも「採用されない」「まず無理」という訳ではありません。その時の人手不足の状況によっては問題無く受かることもありますし、採用担当者も人それぞれなので運不運もあります。あくまでも「そういう傾向にある」と考えつつも、なんとなく当てはまる方は、面談時の受け答えに細心の注意を払いましょう。

では、次に採用されやすい人(合格の可能性が高い人)とは、どういう人なのでしょうか。検証を続けて参ります。

受かりやすい人

採用されやすい人(合格の可能性が高い人)

では、次に採用されやすい人(合格の可能性が高い人)とは、どういう人なのでしょうか。 先ほどの採用されにくい人の逆のタイプになる訳ですが、具体的には次の方のような特徴があります。

  • 年齢が20代~30代前半

    期間工の仕事は、工場のオートメーション化が進み、以前のような重労働を機械が担うようになって来たといっても、人間にしか出来ない部分を担当しています。
    年齢が20代~30代前半の人が採用されやすいのは、若さゆえの、「体力がある」「活力がある」「前向きである」「ひねくれていない」「成長性がある(伸びしろがある)」だからです。
    あなたが車メーカーの採用担当者だったとしても、そう思うはずです。もしこれをご覧の皆さんが「年齢が20代~30代前半」なのであれば、それだけで有利なポジションにいることを理解してください。
    そして面談時には、上記のような若さをうりにしたアピールをしましょう。(ただし言葉づかいには注意してください。「ぶっちゃけ」とか「そうっす!」とか「うける」とか、採用担当者の年代が眉をひそめるような言葉は使わない方がいいでしょう)


  • 健康で体力がある人

    20代30代だから「健康で体力がある」ということにもなりますが、学生時代にスポーツを10年間続けていた、現在も毎日ジョギングしている、スポーツジムに通っている、これといった病気をしたことが無い、風邪で仕事を休んだことがない、行動が早いといった方はポイントがとても高くなります。(面談時のトークにも盛り込むと効果的です)
    なぜならこれらの方は体力があって健康であることにプラスして、スポーツを通して培ったチーム精神や指揮命令系統を重視する考えが重要で、結果的に、明るくて、快活で、素直で、上司や同僚とうまくやれる可能性が高いからです。
    もしあなたが何もスポーツをやっていなくても気にすることはありません。「とにかく健康には自信がある」ことを明るくアピールしましょう。


  • 期間工経験者の人

    採用側としては、せっかく雇用して、寮の部屋を用意して、研修を終えたばかりなのに、最初の3ヶ月6ヶ月で辞められてしまったのでは、いくら有期雇用だとはいっても、また一から採用活動を始めなくてはいけなくなります。
    その点、期間工経験者の方は、業界特有の仕事内容や雰囲気を理解しているため、採用されやすくなります。もちろん前回、きちんと期間満了で円満に退職していることが前提です。

    だからといってあなたが未経験でもあきらめる必要はありません。これをご覧の方は初めて期間工の仕事を考えている方が多いと思いますが、どの会社も「未経験者歓迎」で喜んでくれます。そもそも期間工の仕事は何年も修行が必要な難しい仕事、熟練工のような仕事ではありません。入社時には初心者向けの研修がきちっとありますし、所属部門の中でチームや班のみんなと連携して進めていく仕事なので、未経験でも気にする必要はありません。


  • 入寮を嫌がっていない人

    期間工は各社とも勤務工場に近くに寮を用意しています。寮専門として建てられたものや、民間のマンションを1棟まるごと買い取ったもの、レオパレスなどのマンションを借り上げているものなど、メーカーによってことなりますが、いずれにしても、遠方の人でも快適に働けるように、工夫がされています。
    寮はほとんどが無料もしくはゼロに近い費用で入れるのがポイントで、毎日に食事も提供してくれる寮も多くあります。
    普通の感覚では寮に入ると企業側の金銭負担が増えるので、「入寮を嫌がっていない人?」は「逆なのでは?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
    それは期間工の仕事は生産現場が需要と供給によって成り立っているので、ある時期には急に忙しくなったり、暇になったり、月々の生産台数に変化が生じることが多いのです。つまりイレギュラーの残業が発生したり、休日出勤が出ることもあるのです。
    その時に寮に入っている人だと、工場までに通勤時間も短く、管理しやすい、依頼しやすいということがあります。つまり企業側にとって、会社を第一に考えてくれる人だとの認識が強いのです。「同じ釜の飯を食う」という言葉のように、寮で寝食を共にすると、連帯感も生まれますのでなおさらです。

    でも実家がすぐ近くにある人はこの限りではありません。住む家がすぐ近くにあるのに、わざわざ寮に入らなくてもいいと思います。面談時にそのように伝えてください。


  • 明るい人(ネガティブで無い人)

    これは上記の「健康で体力がある人」と通じるものがありますが、期間工の仕事は自宅で一人でもくもくとやるような仕事ではなく、班ごとに目標を決めて生産していきます。
    雰囲気の良い部門はみんなが活発で生き生きと仕事をしています。ネガティブな雰囲気が充満している部門はみんな辛そうで、次々に退職者が出てしまいます。
    採用側としては、前向きでポジティブな人を出来るだけ採用したいのです。「周囲の人に気遣える人」「ポジティブな考えで職場を明るくする人」「何かあったらすぐに上司に相談する人」「素直で上司の指示をきちんと聞く人」などが好まれます。

    反対に、ネガティブで暗い人は出来るだけ不採用にしたいのです。「周囲とトラブルやケンカを起こす人」「ネガティブな考えで職場の足を引っ張る発言をする人」「自分のことしか考えず単独行動をする人」「上司に報告、相談をしない人、出来ない人」「ひねくれていて雰囲気を悪くする人」は、たとえ採用されたとしても、次の契約更新時に見送りになる可能性大です。当然ですね。あなたが採用担当者だったとしても、そう思うはずです。

    だからといって、社交的である必要はありません。むしろチーム仕事ではありますが、仕事中は比較的没頭して取り組むことができるので、コミュニケーション上手でなくても、全然問題ありません。面談時に上記のポジティブな人のポイントをトークに盛り込んでください。きっとあなたの印象は良くなるはずです。

どうすればあなたの経歴で第一志望の会社に内定をもらえるか

どうすればあなたの経歴で第一志望の会社に内定をもらえるか・・

まず、期間工の仕事にチャレンジする上で重要なポイントがあります。
それは
●工場が自宅から通えない場合、寮(家賃は会社持ちが多い)に入ってもOKかどうか?
ということです。

ご存じの通り、期間工は日本を代表する自動車メーカー、部品メーカー、精密機器メーカーに期間限定で勤務して、半年で200万円~、1年で400万円~など稼ぐ人がざらにいる仕事です。
そう都合良くみなさんの自宅近くにある訳ではなく、自宅から通えない場合は会社が用意した寮に入ることが多いです。(というより、家賃が無料なので、お金を貯める目的で、あえて遠方を選ぶ人が多い)

もしこれをご覧の方が、

  • 自分は寮に入ることは出来ない、自宅通勤が可能な仕事限定だ
というでしたら、人材紹介会社の人に、その旨を伝えて下さい。

トヨタ自動車系は愛知県や三重県、日産自動車系は神奈川県や栃木県、福島県、福岡県、ホンダは埼玉県か三重県鈴鹿、マツダは広島県と山口県、スバルは群馬県、スズキは静岡県、ダイハツは大阪府や九州の大分県、キヤノンは栃木県や茨城県、ブリヂストンは・・・・という風になんとなく全国に散らばっていますので、自分の住所と照らし合わせて自宅通勤可能な会社があるのかどうかを教えてもらいましょう。
ただし、そう都合良く見つからない可能性も多いので、その時は今まで通り、地元の中小企業の町工場などに勤めるか、他の職業を探した方がいいかもしれません。

↓ 応募フォームはこのページ下にあります。

もしこれをご覧の方が、

  • 勤務エリアに多少の希望はあるけど、寮に入ってもOK

というでしたら、就職の可能性は大きく広がります。人材紹介会社の人に、「寮はOKだけど、出来れば首都圏が良いです」とか「トヨタが好きなので愛知県の会社が良いです」など、その旨を伝えて下さい。候補が多数見つかるはずです。

ちょっとアドバイスです。
期間工の仕事を考えている方は

  • 「今の仕事だと貯金ができない、お金が貯まらない」
  • 「1年くらい集中的に働いて400万円もらいたい」
  • 「入社祝い金で40万円欲しい。そして半年みっちり働く」
という方が多いと思います。

  • 職歴、年齢に自信があって愛知県勤務でもOKなら

    まずは絶対トヨタを第一希望にしましょう
    トヨタは売上高30兆円、日本一の企業で、雇用条件も恵まれています。どこの会社もトヨタの条件を参考にしますので、おのずと条件が一番良くなるのです。2年3年と働いていくと、他のメーカーより結果的に年収に差が付きます。

  • 入社お祝い金が高いところがいいなら

    トヨタ(愛知)、スバル(群馬)、マツダ(広島or山口)、日産九州(福岡)などが、入社するだけで30万、40万円を支給しています。半年、1年くらいしか働かないから、最初の入社祝い金が高い方が良いという方はおすすめです。ただ各社とも季節のキャンペーンあるので要確認です。

  • 正社員を目指すなら

    期間工で入社して、途中から正社員に登用してもらいたい人は、トヨタ、デンソー、スバル、アイシンAWなどがいいでしょう。どこの会社も毎年数百人を期間工から正社員に登用しています(いずれも登用人数が多い)。人材紹介会社の面談で「現在募集中の会社で、なるべく正社員登用の可能性が高い会社を教えて欲しい」と言いましょう。

がいいでしょう。

↓ 応募フォームはこのページ下にあります。

あなたの要望や経歴で合格できそうな会社を教えてくれます

人材紹介会社を通して応募をすると、
あなたの勤務地の要望や職歴や年齢などを聞いた上で、
トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、SUBARU(スバル)、ダイハツ、スズキ、キヤノン、クボタ、ブリヂストンなど国内大手メーカー50社以上の求人の中から

「自分が即内定がもらえそうなメーカー」
「ちょっと厳しいけれどチャレンジの価値があるメーカー」
「いま入社祝い金が一番高いメーカー」
「夜勤の可能性が低いメーカー」

を客観的に判断して紹介してくれます。

(誰だって、面接で不合格にはなりたくないので、詳しい人にアドバイスをもらった上で、応募したいものですね)

人材紹介会社は、応募者を各メーカーに雇用してもらうことで、ビジネスの生計を立てています。だからあなたが1発で合格するためのアドバイスをていねいにしてくれます。
もし不合格になった場合でも、一生懸命に合格率を高めるアドバイスや面談を無料でおこなってくれますし、当日まで励ましてくれます。
(テレビで人気の林先生のいる予備校と同じイメージですね)

人材紹介会社は、期間工業界最大手で年間3,700名以上の内定者を出している「期間工.jp 」がいいと思います。合格率を高めるアドバイスをしてくれますし、東証一部上場の株式会社アウトソーシング運営なので安心です。 

まずは実際に面接に行ってみて、自分の希望や条件を伝えて、それからご自身でYESかNOを判断すれば良いと思います。話しを聞いて「やっぱり嫌だ」と思ったら辞めればいいのです。とにかく現状の生活を変えるための行動あるのみです。そもそも受かるかどうかはまだわかりませんしね。

ページを開いたら、ページの一番下に「赤色のボタンの応募フォーム」がありますので、クリックすると、名前や住所、TEL、希望年収などを記入する欄がありますので、記載しておしまいです。登録は1分ですぐ終わります!
先方からメールなどで連絡が来たら、「自分の要望を無理のない範囲で伝えましょう」。面接会場は全国に40箇所近くありますので大丈夫です。

期間工.jp

●働く場所が愛知県でOKの方は、まずはトヨタを第一候補に!

働く場所が愛知県でOKの方は、まずはトヨタ自動車を第一志望してください。なんだかんだ言っても、やはり日本一の会社のトヨタは総合的に一番条件が良いです。安心して働くことが出来ます。愛知県に勤務して、トヨタの寮に入るパターンです。 
もし愛知県には行きたくない・・という場合、年齢的にちょっと厳しいかもしれない・・という方はこちらのページから他のメーカーを考えましょう。東京都なら日野自動車、神奈川なら日産、群馬ならスバルという風に各地域にあります。

トヨタ自動車の期間工求人ページを載せています。応募は1分で終わります。 

トヨタ期間工

関連記事

  1. 期間工の仕事は楽しかった?辛かった?
  2. 期間工のおすすめ求人はここ!
  3. 期間工のデメリットは
  4. 期間工の仕事ってきついの?経験者に「実際働いてみてどうだったか」を聞きました

勤務先工場の情報