ホンダ栃木工場(パワートレインユニット製造部)の期間工-仕事内容や給料、休日、勤務時間、待遇を徹底比較

ホンダ栃木工場(パワートレインユニット製造部)の期間工-仕事内容や給料、休日、勤務時間、待遇を徹底比較

本田技研工業 パワートレインユニット製造部(栃木工場)の期間工は現在、募集しておりません。
その他の工場を下記より選んでください。
常時募集しているのは「埼玉製作所」と「鈴鹿製作所(三重)」です。

本田技研工業の生産拠点・期間工の勤務先は、
「埼玉製作所」(狭山完成車工場、小川エンジン工場、寄居完成車工場)とF1で有名な三重県の「鈴鹿製作所」、二輪車製造の九州「熊本製作所」、そのほかに部品製造拠点として静岡県浜松市の「トランスミッション製造部」、栃木県の「パワートレインユニット製造部(栃木工場)」があります。

また付近のその他の期間工の仕事は
ホンダ栃木工場のすぐ近くに、「日産自動車の栃木工場(栃木県上三川町)」や、「キヤノン宇都宮工場(宇都宮市)」、「いすゞ自動車栃木工場(栃木市)」などもあります。ここでも期間工の募集をしています。

本田技研工業株式会社は、1946年(昭和21年)にオヤジこと本田宗一郎氏が静岡県の浜松市で創業しました。当初はドリーム号やスーパーカブなどのバイク(二輪車)を製造していましたが、1963年に四輪車(自動車)の製造に進出、シビックやアコード、一世を風靡したプレリュードなどの人気車を次々と送り出してきました。また技術力をバックボーンにF1にも進出、1980年代にはマクラーレンホンダが史上初の16戦15勝を挙げたことは有名です。

本田技研工業の本社は東京都港区南青山、生産拠点は埼玉、鈴鹿、熊本、栃木などに置き、売上高は連結で日本で位の約15兆円、従業員数は連結21.5万人、国内外に440社以上の関係会社を所有しています。

栃木県のホンダ パワートレインユニット製造部は

栃木県のホンダ パワートレインユニット製造部

栃木県宇都宮市と小山市の中間、交通至便な真岡市にある「本田技研工業 パワートレインユニット製造部」は、1970年(昭和45年)に、ホンダ発の衛星工場構想に基づき、エンジンバルブ工場として設置されました。(1980年代には真岡工場、1990年代には真岡工場、高根沢工場、芳賀工場が統合し、「栃木製作所」が誕生。2005年3月には世界に誇る4500tプレスラインが完成しました。)

栃木製作所ではホンダにとって重要な数々の部品、たとえばエンジンバルブやクランクシャフト、コンロッド(コネクティングコンロッド)などの「エンジン部品」、ミッションギアやCVTプーリーなどの「ミッション部品」、トランスファーアッセンブリ、デュアルポンプシステムアッセンブリなどの「4WD部品」「足廻り部品」などを生産しています。

また周辺にはホンダの子会社のモビリティランドが運営するモビリティパークの「ツインリンクもてぎ」があります。レーシングカートやファンファンラボ、アトラクション、2つのサーキットコースなど、車が好きな人はもちろん、家族連れや友人と楽しめるスポットです。工場からは車で約45分。

「ホンダ パワートレインユニット製造部」
住所:〒321-4346 栃木県真岡市松山町19
アクセス:真岡鐵道「寺内駅」から約2km、車で約8分
主な生産車種:エンジンバルブやクランクシャフト、コンロッド(コネクティングコンロッド)などの「エンジン部品」、ミッションギアやCVTプーリーなどの「ミッション部品」、トランスファーアッセンブリ、デュアルポンプシステムアッセンブリなどの「4WD部品」「足廻り部品」を生産
従業員数:

期間工の入社祝い金ランキング「一番高いのはどこ?あの会社?」

期間工は入社時に30万円、40万円をもらえる仕事が多数あります!!入社するだけでもらえるなんて、まるでドラフトに指名された野球選手の契約金みたいです。現在、もっとも入社祝い金がもらえるのはどこの会社なのでしょうか?ランキングをご覧下さい。

期間工のおすすめ求人はここ!編集部が独自の視点で選んだメーカーを紹介!!

期間工のおすすめ求人はここ!
「半年から1年働くと一番稼げる会社は?」「正社員になれる可能性の高い会社は?」「徹夜が苦手・夜勤が無し希望の人」「体力があまり無い男性や女性にもおすすめの会社」など編集部が独自の視点で選んだメーカーを紹介!

勤務先工場の情報