システム開発からトヨタ自動車期間工に転職-給料は残業代や深夜手当を含め約27万円

「期間工で働いたみんなの体験談」「期間工で働いたみんなの体験談」コーナーは、これまで期間工(期間従業員)として、トヨタや日産、ホンダなどのボディメーカー、アイシンやデンソーなどの部品メーカーで働いていた人に、「働くことになったきっかけと理由」「仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について」「工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について」「最後に、実際に期間工として働いた感想」などの体験談、評判、クチコミをまとめましたを答えてもらいました。期間工として働く前にぜひご覧下さい。

システム開発会社からトヨタ自動車の期間工に応募-給料は残業代や深夜手当を含め約27万円の体験談


期間工として働くことになったきっかけ、その会社に決めた理由

私はシステムエンジニアとしてシステム開発会社で働いていたのですが、過労のため休職、さらに1年経過して退職となりました。

その後、主治医から「フルタイムで働いても問題ありませんよ」と言っていただけたため、就職活動を始めたのですが、しばらく休んでいたせいか、書類選考を通過して採用面接に臨んでも、面接官からブランクの期間が1年以上ある理由を尋ねられ、面接試験で落とされてしまうことが続いたのです。

このような辛い状況が続くなか、貯金が大幅に減ってしまい、後がない状況となってしまったため、車関連製造の期間工ならばと思い、トヨタ自動車の期間工に応募したのです。


仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について

私は初めての期間工の仕事をすることになったため、溶接など難しい仕事は担当せず、組み立ての仕事を担当しました。具体的には生産ラインの最終工程で、バンパーや窓ガラス、シートを取り付ける仕事を担当しました。

仕事をする前は、工場現場では怪我をする危険もあるのではないかと想像していたのですが、2人1組の体制で仕事をし、相方の男性期間工はベテランの方でしたので、指導を受けながら安全に仕事をすることができました。

勤務体制は、昼間勤務(午前8時から午後5時)と夜間勤務(午後4時から午後23時40分)を1週間おきに交代するシステムになっていました。

また、給与は月額約20万5000円でしたが、残業代や深夜手当を含めると月給は約27万円に達しましたので、不満はありませんでした。他に食事補助が月に1万円支給されましたし、勤務初月の給与支給日には赴任手当として2万円、さらに3ヶ月間の満了慰労金は約3万円いただけました。金額的には十分だったと思います。

寮は、3LDKの住戸に3人で生活しました。ひとりひとりに個室が与えられたため、プライバシーは守られていましたし、共用スペースでのトラブルもありませんでした。


工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について

工場や寮、食堂での雰囲気というものは独特です。日本全国からさまざまな経歴を持った人間たちが期間限定で集まってくる職場です。それに、昼間勤務と夜間勤務の交代制のため、身体が疲れてきてしまい、口数が少なくなってしまうのです。

1ヶ月ほど経過すると、仕事に慣れてきて顔見知りや同部屋の人間とは会話をするようになりますが、それでもお互いにこれまでどのような仕事をしてきたのかといった過去の話を尋ねるようなこともしませんでした。(ただまわりでは、仲良くなって飲みにいったりする人もけっこういたようです)

ただし、寮や、食堂はきれいに清掃がされており、いつも清潔感が漂っていました。共同浴場も綺麗でした。この辺は、さすがトヨタ自動車だと思いました。

なお、地方から出稼ぎにきている50代くらいの男性とは、農業の話を聞かせてもらいました。どのような時期に、どのような野菜を食べると健康に良いといった話は参考になりました。


実際に期間工として働いた感想

実際に期間工として働いてみて、自動車の生産ラインが予想以上に自動化されていることに驚きました。また、少人数で大規模な工場が運営されている点にも驚かされました。これが日本を代表する企業の工場なのだと感嘆させられました。

しかし、期間工の立場としては、1週間ごとに昼間勤務と夜間勤務を交代して働いたため、肉体の疲労を解消することは困難でした。そのため私はしばらくした後、契約期間満了とさせてもらいました。もっと体力があれば、仕事を続けさせてもらっていたと思います。

仕事面での楽しみという点では、私は車の仕組みには興味がありましたので、生産ラインで車の構造をつぶさに観察できたことは楽しみのひとつではありました。また、社内外の偉い立場の方が、生産ラインを視察に来られることがあり、そのようなときは私たち期間工は、興味本位でその方の様子を拝見させていただいたのでした。

これから期間工をやられる方へのアドバイスとしては、体力をつけておくことをお勧めします。そして、長い期間働けば、満了慰労金などが高額になっていく仕組みとなっており、お金を貯めることができる点は強調したいと思います。頑張れば金銭面では報われる職場なのです。

(男性 40歳 東京都)

「期間工グッド編集部より」

この方はログラマーでのハードな仕事がたたって、心身の不調から期間工へと転職したケースで、仕事内容は生産ラインの最終工程で、バンパーや窓ガラス、シートを取り付ける仕事を担当していたとのこと。
体力面で不安があり、結果的に退職してしまったようですが、もっと体力があれば、仕事を続けさせてもらっていたと残念そうです。

またこれから期間工をやられる人へのアドバイスとして、体力をつけておくことを薦めています。長い期間働けば、満了慰労金などが高額になっていく仕組みとなっていて、お金を貯めることができます。頑張れば金銭面では報われる職場なのです。

トヨタは日本で一番売上の多い会社です。従業員も連結で約36万人もいます。給与待遇、雇用条件、福利厚生もとても充実しています。その正社員になれるのですから、期間工で働く人はぜひチャレンジして欲しいと感じます。

こちらにトヨタ自動車の期間工求人ページを載せていますのでご覧下さい。 まずは実際に面接に行ってみて、それからご自身でYESかNOを判断すれば良いと思います。行動あるのみです。


関連記事

  1. 期間工として働く
  2. トヨタ期間工
  3. 岐阜車体の期間工体験

勤務先工場の情報