自動車の小型部品の目視検査の期間工で半年間、入寮して働いた体験談

「期間工で働いたみんなの体験談」「期間工で働いたみんなの体験談」コーナーは、これまで期間工(期間従業員)として、トヨタや日産、ホンダなどのボディメーカー、アイシンやデンソーなどの部品メーカーで働いていた人に、「働くことになったきっかけと理由」「仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について」「工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について」「最後に、実際に期間工として働いた感想」などの体験談、評判、クチコミをまとめましたを答えてもらいました。期間工として働く前にぜひご覧下さい。

自動車の小型部品の目視検査の期間工で半年間、入寮して働いた体験談


期間工として働くことになったきっかけ、その会社に決めた理由

たまたまトヨタ関連会社のお仕事の募集を目にしたからです。急募という感じで、ちょうど引っ越したいなと思っていたため、寮に入るのもいいかな、と思えたので、そのお仕事の面接に行きました。面接官の人柄に惚れ込んで、半年間その寮で皆勤しました。製造業は初めてでしたが、研究職の長兄が長年携わりちょうど工場長を兼任していておすすめの分野だとのことで、さほど抵抗なく入れました。

お仕事場所の周辺にその寮があるのですが、周辺環境、交通アクセスなどは、お仕事選びの際に重要なポイントとしてチェックしました。私の場合は、大都市のベッドタウンくらいの便利さ、大型スーパーマーケットが近くにある、という点が大事でした。寮費や生活費をちゃんとまかなえる給与かどうか、無理のない仕事内容かどうかも重要なポイントでした。


仕事内容、勤務体制、給与、寮、諸手当の満足度について

お仕事内容は、自動車の小型部品の目視検査でした。誰にでもできる、という触れ込みでしたので、初めてのお仕事ですが安心して赴任していけました。ごく小さな傷を見つけだして不良品が流出しないようにしなければならず、うっかり1つでも流出すると、就業先がイエローカードなる取引停止前通告を受けてしまうという、厳しさでした。

勤務自体は日勤夜勤とが4日程ずつ続く二交代制で、時給は1150円程度、夜勤と残業には25パーセント上乗せがつきました。寮費は5.5万円程度、皆勤手当や継続ボーナスなどあり、とにかく人手が足りないらしく、みんな新入社員を大事にお世話してくれる感じでした。


工場や寮、食堂の雰囲気と快適度、勤務地の雰囲気について

工場は、ひと言で言って鋼鉄だらけでした。危険物が多いです。事故には気を付けなくてはなりません。

それともう1つ、多国籍でした。外人さんがとても多かったです。みんな気だてがやさしく、身体能力に優れ、そして敏捷でした。だから食堂は、彼らの素の言語と態度が飛び交って、大変活発な雰囲気でした。

ベトナムやフィリピン、ブラジルが、メジャーな出身地で、同じ額の給料を自国のお金に換金していました。みんな稼ぐことに貪欲であり、日本で稼ぐことに割り切っているようでした。


実際に期間工として働いた感想

半年間、入寮して働いたのですが、正直、とても楽しかったです。
事情があって辞めてしまいましたが、これから働いてみようという人たちには、有給の有無や残業の量など、心身の調整の機会を有用に使うなどして気を付けて、がんばってほしいです。

(女性 40才 京都府)

関連記事

  1. トヨタ期間工

勤務先工場の情報